2003/09/05

青少年YE委員会アクティビティ報告

秋田山王ライオンズクラブ
青少年YE委員長 関 昌威

前年に引き続き、「鈴虫のプレゼント」を行いました。実施メンバーは佐藤武碩L、小木田喜美雄L、及び関の3人でした。佐藤Lは人ぞ知る「鈴虫の育成の大家」で、数万匹を育成し、ご近所には数世代に亘る鈴虫がいるとのことです。当日は籠3箱に餌をそえ、鈴虫100匹ずつを持参しました。詳細な育成説明をした上で、プレゼントを知的障害者授産施設「秋田いなほ会」及び保育所「第一ルンビニ園」の2カ所に行いました。いなほ会でははじめての鈴虫に、皆こわごわ覗いていましたが、施設の人々にとって現在の生産活動を考えると、今後大きな収入になる可能性があると思います。。第一ルンビニ園では、昨年に引き続きのプレゼントになりますが、大変な歓迎に会いました。ちょうど年長組のお稽古が講堂で行われており、我々が入ったとたん一斉に鈴虫の箱に子供たちが群がり、鈴虫もビックリしたと思います。子供たちの喜ぶ顔を見て、来年もプレゼントしようと思いました。

 


秋田いなほ会にて 佐藤L(左から二人目)小木田L(左端)


第一ルンビニ園にて鈴虫プレゼント 佐藤L


皆んなで鈴虫を囲んで。箱が見えない。


鈴虫に見入る子供たち。お稽古そっちのけで先生から注意あり。

 

戻 る