332F2R1Zガバナー公式訪問(合同例会)


H18 09 12 (火) メトロポリタン秋田


 9月12日火曜日、午後6時よりメトロポリタン秋田にて 2R1Zのガバナー公式訪問(合同例会)が開催されました。
 佐藤雄三ガバナーをはじめとして、約80名の各LC員が参加し、ガバナーの本年度の方針「和と輪」の説明をうけた。クラブの会員の 和なくして、会員の成長なし。会員の和をもってそれが、会員増強につながり、奉仕にもつながる。ということである。
 また、国際会長は「役員達はまず、自分のクラブに奉仕せよ。各クラブの刷新活動を行え。」との話があり、 国際会長の話に感動したとのことであった。つまり、社会に奉仕する前にまず自分のクラブのことを しっかりやらなければならないとのことである。
 今年度のアクティビティテーマは、「地域から世界に拡げよう奉仕の輪」です。ライオンズの活動がどれだけ地域から理解されているか。 LCのPRをもっとしっかりしていかなければならない。
 今年度の大きなテーマはCSFUの2年目としての活動、会員増強であり、厳しい中での取り組みであるが、2つのテーマを意識しながら CSFUキャンペーンの確実な実行と、会員増強では各クラブ2名純増を3年計画のホップの年にしていただきたい。
我が秋田山王ライオンズクラブとしても、キャビネットより再度CSFUキャンペーンの説明の要請をしているところです。
 また、新入会員が3年以内に退会するケースが多く、新入会員に対する心配りや、勉強会の開催をして、退会防止に努めていただきたい。 クラブの経費の見直しや、委員会活動の活性化を図り、クラブ運営の改革をしていただきたい、などの要望があった。
その後、当秋田山王ライオンズクラブの関会長からCSFUキャンペーンの趣旨を理解し、強力に進めようとの挨拶があり、和やかに 懇親会に入った。
 秋田山王ライオンズクラブからは20名の参加でした。おつかれさまでした。

熊谷 記


ガバナー方針を説明する佐藤雄三ガバナー 


キャビネット役員


会場風景

会場風景


先立って開催された3役会議にて

戻 る