2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会
秋田なまはげトーチラン

H17/02/13

「秋田なまはげトーチラン」に参加して


 長野県で開かれる知的障害者のスポーツ大会「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」(今月26日〜3月5日)の聖火リレー「秋田なまはげトーチラン」が2月13日、秋田市で行われた。知的障害者2人がランナーとして参加、JR秋田駅東口の秋田拠点センター・アルヴェから同市山王の山王中学校までの約5キロを聖火でつないだ。
 トーチラン秋田実行委員会の関昌威代表が当クラブメンバーということもあり、秋田山王LCは5キロの間に設けられた26の中継所でポインターとしてボランティア参加し、102名のランナーと約700人の伴走グループをサポートした。
アジアで初めて開催される第8回冬季世界大会に、この秋田から他のボランティアと共に「トーチラン」という形で参加できたことはとても有意義だった。

幹事 鈴木 豊

<

 

開会を前にアルヴェに集まった市民と
出発を待つ伴走グループ

開会式では、みなとWAKAHATO.Jrによる
演舞が行われました

 

ポポロードを走る第一走者の浅香絵美ちゃんです

アテネ五輪男子リレーで活躍した
伊藤友広さん(南外村出身)も随走者として参加

 

秋田のトーチラン盛り上がってます!

沿道の応援がすごいですね

聖火を待つランナー

聖火をもって信号待ち

関さん、お疲れ様でした

先導を努めるニューセンチュリーLCの
お二人と、ポインターの渡部さん。 ご苦労様です

 

山王中学校での閉会式。来賓の中に
なぜか瀧さんが・・・

この日参加してくれた山王LCの皆さんです

戻 る