2005〜2006年度
ライオンズクラブ国際協会332-F地区第2R第1Z
ガバナー公式訪問


日時 2005年9月2日(金)18時〜 会場 平安閣

公式訪問に先立ち、クラブ三役協議会が開催され、先般開催された諮問委員会の質疑内容につき、協議してガバナーからの応答があった。
その後定刻にガバナー公式訪問が開催された。秋田中央LC第1004回、秋田久保田LC第888回、秋田山王LC第731回例会、秋田佐竹LC、秋田グリーンLC、秋田河辺LC、雄和LC、秋田ニューセンチュリーLCの8クラブ約90名が参加し例会及び公式訪問が開催された。
ガバナーの運営方針は、
●会員維持・増強及びエクステンションしよう
●クラブ運営の全般にわたり原点にたちかえり検討し、活性化をすすめよう
●心を合わせてライオニズムを達成しよう、
以上三項目で、今期はMERL委員会を通して活動内容を具体的に検討してゆくとの事。ちなみに、MERLとはMembership(会員増強):Extension(新クラブ結成):Retention(会員維持):Leadership(指導力育成)の頭文字を取ったものである。各クラブ三役を主に構成されている。ガバナーの運営方針説明に続き、10月7日から10日まで宮城県仙台市で開催される第44回OSEALフォーラムにつき、各クラブからの積極的な参加が促された。9月6日の登録締め切りまで募集を続けてほしいとの事でした。
秋田山王LCは特にニューセンチュリーLCについて、地区あげての取り組みで会員を増強していただくようキャビネットからの指導を要請した。一クラブ1〜2名の入会を勧めていただければニューセンチュリーの活動は飛躍する。若い世代のクラブを地区で育成するとり組を強調した。

次第は以下のとおりである。
司会 秋田河辺LC幹事 L辻永武美

次 第
1.開会宣言・ゴング・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋田久保田LC会長 L畠山幸成
2.国旗に敬礼
3.国歌斉唱
4.物故ライオンに黙祷
5.ライオンズクラブの歌
6.ガバナー及びキャビネット構成員紹介・・・・・・・・・秋田中央LC会長   L高堂 裕
7.歓迎の言葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋田河辺LC会長   L名古屋昇
8.ガバナー略歴紹介・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・ 第2R・RC     L徳原恭一
9.ガバナーの地区運営方針説明・・・・・・・・・・・・・・ガバナー     L田中寿一
10.キャビネットの事務報告、連絡事項・・・・・・・・・・キャビネット幹事  L愛川英雄
11.閉会宣言・ゴング・・・・・・・・・・・・・・秋田グリーンLC第二副会長  L後藤慎隆
引き続き、懇親会開催

司会 秋田NCLC会長 L小松清志

開会の挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋田佐竹LC会長    L土田 整
乾杯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋田山王LC会長    L川尻孝紀
また会う日まで
閉会の挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋田雄和LC会長    L横田徳正

川尻孝紀 記

戻 る