「私の愛車」

今から55年前、当時の免許制度にて、16才で軽四輪免許、18才で大型自動車免許を取得しました。それ以来車好きな私は、色々な車(特にオフロード系)に乗りました。
ブルーバード・セドリック・ジムニー・セドリックバン・サファリ・バジェロ・BMWと乗り継いで、よくドライブに出かけておりました。

今の私の愛車は、平成9年型初代のトヨタセルシオ。今年22才になります。
新車時の車両本体価格が670万円。エンジンはV型8気筒DOHC。排気量4000cc。室内に関しては電動式本革シート。その他いたれりつくせりの備品が装着されている。 CDチェンジャーまで標準装備されている。しかしカーナビは装備されていない。その時代の高級車だ。

そのセルシオを7年前に知人が、
「君が乗るならあげるよ。近々廃車にすると思っているから。」
と言うので、早速頂いてきました。
さすがに昔の超高級車だけあって乗り心地はバツグン。鳥羽一郎の歌にあるように
??♪ 型は古いが、走りに強い ?? まさにそれである。
今まで修理といえば消耗品である、バッテリーやタイヤ交換くらいで、財布にも優しい愛車である。
時々家内と出かけるが
「超高級車だば、お父さんの小遣いでは、買ってだば乗れねな。貰ったから乗れるども。」
と言って、笑っています。
これからも大事に乗って、30才の誕生日を迎えてやりたいと思います。

財務委員長  藤原 隆 記

平成31年1月22日

2019年1月13日 樹氷を見にセルシオで行ってきました。
セルシオ

戻 る