平成26年8月

「寺田成實先輩を偲ぶ」

 

L 柏木 長宣

 正しく私にとっては青天の霹靂です。本当に残念です。当クラブ顧問的存在の寺田成實Lがこの八月十五日(享年88歳)御逝去されました。1975年3月22日能代LCから当ライオンズクラブに移籍され、チャタ―メンバー会員と成り当クラブ第二代目の会長に就任し、当クラブ発展のみならずゾーンチャーマン等の数々の役を受けられ、332―E地区時代はむろん地区が332―Fに成った後もF地区発展の為に貢献されてきた方です。2006年に当クラブ終身会員と成られた後も聡明・実直・温厚な人柄で、当ライオンズクラブ発展永続に御尽力頂いてきました。其れを示す様に寺田先輩のライオン歴43年間在籍中の功績が認められ、数多くのLC国際会長表彰等を受賞されて居ります。

 寺田さんの自慢話は昭和17年12月(当時3カ月繰り上げ卒業)秋田県立工業学校(現秋田県立秋田工業高等学校)機械科を卒業し、翌18年1月大坂の住友金属工業プロペラ製造所に就職しプロペラの設計・試作に従事した事です。良く聞かされました。詳しくは当ライオンズクラブ・HPの獅子吼の中の「終戦記念日」を見て下さい。戦後、生まれ故郷の西成瀬村で教員も成されたと聞いて居ります。私が8月12日寺田先輩に送ったメールに対しての返信を頂いて居ります。奇しくも亡くなられる前日14日午前10時のメールですので原文のまま記載させて頂き、何度も読み返し寺田先輩を偲び続けたいと思います。

 「メール有難う。蒔苗氏の記事見ました。楽しみです。信男さんは出版しますね。少生も退職したら書こうと日記を20年位ためていましたが転居で全て捨てました。世に名前が売れている人は必要ですが少生は無関係と悟ったのです。子供達の為に人生の歩き方の参考にと思ったのですが、何も残せない自分に気が付いたからです。・・・仕事や実績を残して後輩や子供に残せる人は幸せですね。
 佐々木満さんも退職したら交際半径200メートルと言ったそうですが実感です。体力的にも限界でしょう、少生は13日天徳寺に墓参りしました。・・・盆すぎには自宅の雑草取りに行きたいと思います。・・・気力だけはまだあります。・・・ご健勝で・・・寺田」

 寺田先輩の葬儀は本人の意思により親近者で済まされたそうで、残念ながら先輩に弔意を表する事も見送る事も出来ませんでした。
少なくとももう一期先輩には長生きして頂き、当クラブチャターナイト40周年記念式典を見届けて欲しかったと悔やみます。ただただ今は尊敬して参りました寺田先輩のご冥福をお祈りするのみです。
長い間のご指導、ご鞭撻にクラブを代表し感謝申し上げます。
ありがとうございました。低頭・・合掌

戻 る