平成26年6月2日

「諏訪愛宕神社・久々のイベント」

 

L 柏木 長宣

 6月1日(日)保戸野すわ町に有ります諏訪愛宕神社の端午節句大祭前日の宵節句のイベントが十数年ぶりに、境内で午後7時から秋田大学よさこいサークルの生徒さん「歌舞伎」に依る演舞にて行われました。よさこいサークルには部員が五十九名居られるそうですが、今回は男性五名と出身校先輩である亀井宮司さんのお嬢さん含め女性九名、計十四名にて舞って呉れました。
 今年初めまで境内は神社の維持費を捻出する為、屋根付きの貸し駐車場にして居りましたが、損傷が激しく利用者も少なく取り壊しに成りました。そこで折角広場が出来たと言う事で亀井宮司さんが娘さんに話し、今回久々のイベントを秋田大学よさこいサークルの皆さんにて開催する事に成ったそうです。時間に合わせて家内と神社が直ぐ側ですのでサンダル履きで行って見ましたが、近辺の方々も数十人見物に来られて居りました。若い方々の乱舞を見て晩酌も効いてかリズム感の有る激しい舞に、それこそ心踊らせられ、言い様の無いスッキリ感を味わらせて頂きました。三曲踊った所でリーダ―の方がこれで終わりとしますと言いましたが、猛烈なアンコールが掛かり戸惑いの中、其れに応えてもう一曲踊って呉れました。終ってもうこれで勘弁して下さいとのリーダ―の言葉に皆さん笑うと共に、感謝を込めた盛大な拍手で終了と成りました。是非来年も又お願いしたい物です。

戻 る