平成25年3月27日(水)

男の贅沢 「釣り道具編」 

 

L 熊谷 正司

 鯛釣りを始めてかれこれ15年くらいになろうとしてる。毎年腕を磨き上げ、その域に達し、世間では鯛釣り名人とももてはやされるようになった。(自称か?)
 その名人が昨年はサッパリの釣果だった。(サッパリといってもだいぶ釣ったつもりだが)水温のせいか、毎年5月末に始まる道川のノッコミ(産卵の鯛が群れをなして押し寄せる)が全くなかった。毎年であれば道川から下浜、浜田・割山沖・秋田沖と徐々に北上するラインも、どういう訳か毎年のように安定してこなかった。 滅多にないことだが、昨年はボーズもあり、名人の名を返上しようかとも思った。
 しかし、夏ころからマリーナのすぐ近くで大きな鯛が釣れるようになり、その釣り場にも多く通った。それなりの釣果はあったがやはり安定しない。結局秋には天候も良くないし、風も強く、あまり良いシーズンではなかった。
私が鯛釣りを始めて最悪のシーズンとなってしまった。

 やはり異常気象のせいか?腕か??道具か???
 先週、大金をはたいて鯛釣り竿・超新型高性能電動リール・小型リチウムバッテリーをついに買ってしまった。ほとんど衝動買いである。上州屋の店員さんもビックリだった。
 うちに帰って、内緒にできなかったので家内に話したら、呆れながら「いくらしたのよ?」・・・・
 自分は、「ちんもく・・・・・・・・・・・・・・」
 とても言えなかった。高かったーぁ。
 正に男の贅沢・・これは、買った旦那の言い分。家内に言わせたら「馬鹿じゃ無いの。」
 多分、ゴルフ道具編でもあったような記憶がある。人それぞれ長い人生の中で、すでに多かれ少なかれ、経験済みのように思う。

 今年は、鯛を釣りまくる。

戻 る