平成24年8月10日(金)

我が家が、映画「遠くにいてもそばにいる」の撮影現場に

 

L 熊谷 正司

 映画「遠くにいてもそばにいる」の撮影が始まりました。
 昨日夕方から、我が家での撮影も始りました。
 我が家での設定は、主役の倉科カナさんの頭を妹役の清水くるみさんが浴室のシャワーで洗ってやるシーンでした。映画で実際に移る部分は多分3分くらいかなと思われますが、撮影には約2時間半かかりました。
 我が家を選んだいきさつは、2ヶ月くらい前、ボランティアで撮影場所としての家を探していたところ、息子が縁あって申し込みしました。4件くらいの応募がありましたが、結局はイメージがあわず、貸家を借りて撮影に入ってます。しかし、風呂が小さいため、その撮影に関してだけ我が家の浴室を使うことになったというわけです。
 長澤監督は大館出身で、準備のときにいろいろと話を聞かせていただいたり、サイン入り色紙を特別に書いてもらったりしました。倉科カナちゃんや清水くるみちゃんとも親しく話をさせていただきました。
 大変可愛い女優さん達でした。
 来年の6月には公開になるとのことでしたが、大変楽しみです。
 我が家では大変興奮した一日でした。

戻 る