すみませんね、有難う。の一言に

平成22年5月20日(木)

L 柏木 長宣 

 今日当クラブ会員の照井さんが関係をされて居ります、全国盲人福祉大会が秋田市で19日(水)より三日間行われる事になりました。そこで其の二日目の労力奉仕に参加する為今日午後一時半少し前にビューホテルにお手伝いに行って来ました。全国大会だけに数多くの会員の方、そして付添いの方や他にボランティアの人達が赤い帽子や赤十字マーク入りのベストを着用して4Fホールに溢れており大会の盛況さとその意義を感じさせられました。着きましたら会長の山川さんが昼食も取らずに1人居りましたので、役目の仕方を教わり、僅かの間でしたが孤軍奮闘を行い後に関、小木田、山川会長四名で全体会議終了迄トイレ誘導の奉仕をさせて頂き午後四時頃役目を終えました。全国大会だけに私が誘導させて頂きました方で遠くからの会員は京都の人でしたが、交通の便から見ますとご案内した三重県の人でないか思います。不慣れな奉仕行動にも関わらず、皆さんハキハキと一つ一つの私の奉仕に「すみませんね、有難う」の其のひとこと一言に、今どちらかと言うと少なく成って居ります身を持っての労力奉仕、今日その僅かな奉仕活動でも大きな幸せを感じさせられました。元クールファイブの前川 清の歌に間違っているかも知れませんが「有難うと言われたら、前を向いて行ける気がする」と言う歌詞の一節を思い出します。ボランティアの方々はほとんどが女性で特に若い方が多く、其の若い人に聞きましたら日赤の看護、介護の大学生の皆さんとの事、そしてやや年配の方は日赤職員さんでした。その他に婦人会の方々も居られたようですが、当ライオンズからは11名の参加で、特にこの三日間全てに参加されました山川会長、小木田L、関L三名の方には敬意を賞します。今回の労力奉仕に今年度の福祉・環境委員の皆さんの参加が多い事にも本当に感心させられましたし、此の事を褒めるので無く、そう言う事が当たり前と言えるクラブに成れればと思いました。

 明日21日は会場を県民会館に移り本会議が午前中行われるそうですが、当クラブから山川会長はじめ、小木田、川尻、北林、関、長谷川Lの方が出席されるそうで、本当にご苦労さまです。
 これからも皆で出来るだけ奉仕活動に参加をして参りましょう。

戻 る