田代岳登山(1,177.8m)

秋田山王LC登山同好会 五十嵐 正秋

実施日 2004.7.11(日) 天候 曇り後雨 気温24℃

 秋田北インターチェンジ駐車場に集合。L6名・LL6名計12名参加。天気予報は曇り又は小雨後回復とのこと、車4台に分乗AM6:30勇躍出発。
 途中田代町役場前で田代岳登山案内人の小平・畠山両氏と合流、AM9:30大広手登山口より登山開始。
 うっそうとしたブナ林に迎えられ、満開のハクサンシャクナゲ・ツマトリソウ・ギンリョウソウ・ショウキラン等の可憐な高山植物を愛でながら、九合目の池塘(高層湿原)へ、雨が降り始めたので先ずは頂上にある田代神社へ。
 豪華な昼食をとりながら雨の上がることを願う。雨が止みそうもないのでガイドの小平氏に相談しPM1:00下山開始。
 数ある池塘を巡りながら記念撮影。同じコースでPM3:30全員無事下山。
 小平氏の姿が見えないので探していると、側の藪から皆さんでどうぞとひら茸を抱えて登場、ご厚情に甘えてありがたく全員で分配。帰りは地元温泉「ユップラ」へ入浴後現地解散。
 この度の田代岳登山では、田代町様から色々なご配慮をいただいた。
 登山案内人の小平隆行氏・畠山寿一両氏をご紹介いただき、樹木の説明や高山植物の数々を丁寧に分りやすく説明していただいた。おまけにひら茸のお土産までいただき恐縮した。
 帰り際に小平氏から、秋の池塘の紅葉の素晴らしさの説明を受け、その時は是非また一緒に登山したいとの暖かいお言葉をいただいた。
 天候はいまいちの田代岳登山だったが、地元の方々の厚情に触れた一日であった。
 リベンジの秋口の田代岳登山が今から心待たれる。
※ 田代岳登山等の案内人が必要な場合は
 田代町役場産業振興課商工観光担当(北野・長谷部)まで。
 田代岳登山コースガイドや観光ポイントが掲載されたパンフレットが用意されております。
    TEL 0186-54-3317(内線245・248)

 

 

戻る